カヌー日本代表候補・鈴木康大選手、後輩の飲み物にステロイドを入れたり道具を隠すなどの妨害行為発覚


カヌー薬物混入は鈴木康大選手 道具を盗む妨害も 8年間の資格停止
1昨年9月のカヌー・スプリントの日本選手権(石川県小松市)に出場した鈴木康大選手(32)が、小松正浩選手(25)の飲み物に禁止薬物である筋肉増強剤を混入していたことが9日、分かった。小松選手はドーピング検査で陽性となり、暫定的な資格停止処分を受けていた。ともに昨夏の世界選手権代表で2020年東京五輪を目指すトップ選手で、前代未聞の異例の事態。

鈴木選手は日本カヌー連盟などの調べに対し、東京五輪を目指すライバルを陥れようとしたと説明。小松選手が検査で陽性反応を示した後、同連盟による調査の中で禁止物質の混入を認めた。さらに、鈴木選手は他の選手に対しても、練習や競技で使用する道具などを盗むといった妨害行為を行っていたことも判明した。

日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は鈴木選手を8年間の資格停止とする処分を決定。小松選手に対しては資格停止処分を取り消し、該当の日本選手権以外の成績は失効・剥奪しないことを公表した。

日本カヌー連盟は9日、昨年9月のカヌー・スプリントの日本選手権(石川県小松市)で鈴木康大選手(32)=福島県協会=が、優勝した小松正治選手(25)=愛媛県協会=…
0