日馬富士は「引退勧告」相当、白鵬、鶴竜は「厳重注意」…横綱審議委員会臨時会合


 大相撲の元横綱・日馬富士関(33)の幕内・貴ノ岩(27)への暴行問題などの処分を審議する、横綱審議委員会(横審)の臨時会合が20日、東京・両国国技館で開かれた。

 すでに引退している日馬富士関だが、横審としては「引退勧告」に相当する事案であることを確認し、暴行現場となった酒席に同席した横綱・白鵬(宮城野)、鶴竜(井筒)に対し、暴行を止められなかったとして「厳重注意」処分を日本相撲協会に進言することを決めた。

 これを受けて開かれる臨時理事会では元日馬富士関の師匠・伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)と、巡業部長でありながら巡業中に起きた暴行事件について、協会への報告義務を怠った貴乃花親方(元横綱)への処分が確実視されている。

 大相撲の元横綱・日馬富士関(33)の幕内・貴ノ岩(27)への暴行問題などの処分を審議する、横綱審議委員会(横審)の臨時会合が20日、東京・両国国技館で開かれた。 すでに引退している日馬富士関だが、横審としては「引退勧告【スポーツ】
0