【画像】 平昌五輪スタジアムの客席の骨組みが貧弱すぎると話題に 専門家「死ぬよこれ」


平昌五輪メイン会場 観客一斉移動で揺れるといわれる安普請
1平昌五輪は、朴槿恵政権における崔順実スキャンダルの影響で、民間企業からの支援が停滞し、寄付金や協賛金が集まらなかった。さらに雪不足対策で人工雪製造機を導入するなど運営予算が膨れ上がり、予定より3000億ウォン(約300億円)も不足した。

「支出を圧縮するため、メイン会場は五輪後に取り壊せる簡素な構造になった。そのため『観客が一斉に移動すると揺れる』といわれる安普請で、暖房設備も不足している。観客には腰掛け毛布とカイロが配られるというが、それで対策になるのか」(韓国紙記者)

「NEWS ポストセブン」は小学館が発行する「週刊ポスト」「女性セブン」「SAPIO」「マネーポスト」4誌を統合したニュースサイトです。各誌の最新記事・コラム等をネット用に再編集し、掲載するほか他のニュースサイトにも配信します。

坂東 忠信 @japangard
本日建設業界幹部の方に拙ブログ掲載の平昌五輪会場画像をお見せしたところ、「え、えー!? なにこれ、絶対無理、無理!初めて見たけど、死ぬよこれ」とのこと。この状態からコンクリを流し込むこともあり得ず、仮設での巨大スタジアム自体があり得ないとのこと。どうなることやら(~_~;)

0