【ヤバイ】貴乃花親方と相撲協会の激しい論争が勃発!⇒相撲協会「そこまでケンカしたいか」と一触即発の状態に・・・


 引退した元横綱・日馬富士による平幕貴ノ岩への暴行問題が、ますますヒートアップしてきた。11月30日、両国国技館で開かれた日本相撲協会の定例理事会は、八角理事長(元横綱・北勝海)ら執行部と貴乃花親方(元横綱)の間で意見が鋭く対立。張りつめた空気の中、激しい攻防が3時間半近くにも及んだという。

 ある親方がその様子をこう明かす。

「あんなに荒れて長時間になった理事会は初めてだよ。九州場所の入場者数など色々と最初に報告があったが、一触即発というかすごい雰囲気で、中身を忘れてしまった。調査への協力を拒否する貴乃花親方に何人もの親方が『どうして協力できないんだ』『あなたも理事ですよ』『そんなことだとますます混乱するじゃないか』と詰め寄り、険悪な雰囲気になった」

 八角理事長の正面の席に陣取った貴乃花親方が「警察の捜査に支障があってはならない」と主張して反論すると、一部の出席者が「それなら警察に聞いてみよう」と言い、暴行問題を捜査中の鳥取県警にその場で電話するという異例の展開になったという。

「理事長も構わないというので、電話することになった。県警の人の名前を確認して電話したら、『協会の聴取に協力するのかどうかはお任せします。外部に向けて話すのはちょっと困るが、協会なら構わない』という答え。貴乃花親方が自分で確認したいというので電話を代わったが、答えは同じ。それでも貴乃花親方は『任せると言っていたんですから、協力できない』と意見を変えない。複数の親方が『なんでなんだ』と声をあげ、一触即発のような緊張感に包まれました」(前出の親方)

 このまま決裂か、とも思われたが、外部理事の一人で元名古屋高検検事長の高野利雄氏が「心情はわかるが、理事、親方として説明する責務があるはず」などと説得し、貴乃花親方も「警察の捜査が終われば協力します」と、最終的には折れたという。

 だが、一連のやり取りは、協会執行部と貴乃花親方の相互不信が決定的であることを浮き彫りにした。今後の協会による調査も難航することが予想される。親方たちの間でも、不穏な空気が漂ったという。

「理事会が終わってからも、親方たちから貴乃花親方に対する愚痴、ブーイングが出ていた。『外部の理事まで来ているのに、あのふてくされた態度はなんだ』とか、『日馬富士、責任とって辞めたんだよ。どう思ってるんだ』『そこまで協会とケンカしたいのか』と。来年2月の理事改選で何とか貴乃花親方を落とせないかという話をしている親方衆もいる」(同)

 親方たちによる“包囲網”ができつつある中、沈黙を貫く貴乃花親方はどんな決着を考えているのだろうか。

引退した元横綱・日馬富士による平幕貴ノ岩への暴行問題が、ますますヒートアップして - Yahoo!ニュース(AERA dot.)
0