上西小百合氏、貴乃花親方を「女々しい奴」と批判 過激発言に疑問の声も


元衆院議員の上西小百合氏(34)が30日、自身のツイッターで大相撲の横綱・日馬富士の記者会見について持論を展開。その意見に賛否の声が相次いでいる。

■「女々しい奴」「親が悪い」と批判

日馬富士の引退会見を見たという上西氏。「とりあえず謝っとけばいいだろうといういい加減なものではなく、無念がにじみ出ていた」と印象を述べ、事の善悪はさておき、人前に出てきて説明したことを評価した。

しかし一方で、沈黙を貫く貴乃花親方については「自分の信念だかなんだか知らないけど女々しい奴だ」と厳しく批判し、「親が悪いんだろうな」と母である藤田紀子にも矛先を向けた。

■「親はノコノコ出てこなければ静かに暮らせる」

さらに「その親もテレビに出てきて、私達家族はいつになったら静かに暮らせるんでしょうかって言ってたけど、貴乃花親方はともかく、親はノコノコ出てこなければ静かに暮らせると思う」と指摘し、貴乃花親方の兄である花田虎上氏へは「誰も意見聞きに行っていない」と述べた。

■過激な発言に疑問の声も

沈黙を続ける貴乃花親方の姿勢についての上西氏の意見には、ネット上でも「よく言った」と賛同する声もあがっている。

しかし、「女々しい奴」「親が悪い」というワードもあってか、「いちいち炎上させることを言わなきゃいけないのか」「親をもち出すのはどうかと思う」と疑問の声も。

また「事の善悪はともかく」という、そもそもの暴行問題について触れずに、人前に出て説明したことを評価するという上西氏の姿勢にも批判的な意見がみられた。一連のツイートには上西氏を非難する声も寄せられている。

日馬富士と記者会見について持論を述べた、元衆院議員の上西小百合氏。過激な発言に賛否両論の声が広がっている。
0