「マクドナルドそっくりの料理を出せ」 トランプ大統領、ホワイトハウスのシェフにマクドナルドメニューを再現させていた


アメリカのドナルド・トランプ大統領を長年支えてきた元ボディーガードのキース・シラー氏が、トランプ氏の驚きの”マクドナルド愛”を暴露した。

シラー氏によれば、トランプ氏はホワイトハウスの厨房のシェフにマクドナルドのメニューを再現させ、満足いく味になっていない場合には、シラー氏をマクドナルドの実店舗まで買い出しに行かせていた。

シラー氏が、アメリカの政治メディア「ポリティコ」に明かした。

トランプ氏が厨房に再現を求めていたのは、最もお気に入りのメニューであるクォーターパウンダーチーズ、ピクルス抜き、ケチャップ増し増し。それからマクドナルド特製アップルパイ。

「本物のマクドナルドの味」が再現できていない場合には、シラー氏にこっそり耳打ち。

「わかってるな、リアルなやつを買ってこい。今すぐに…」とでも囁いていたのでしょうか。

世界最高峰レベルのシェフが集まっているはずのホワイトハウスのキッチンが、マクドナルドにある意味で敗北を喫していたということだ。

0