北朝鮮の「国連追放」は可能か:「政策リテラシー」が問われる北朝鮮危機


9月18日、米上院外交委員会のガードナー議員は、中国など20ヵ国に対して、北朝鮮との国交を断絶するとともに、これを国連から追放するために協力することを要求。水爆実験やICBM打ち上げを続ける北朝鮮に圧力を強める手段として、「北朝鮮の国連追放」の必要性を強調しました。(六辻彰二)

「北朝鮮を国連から除名するべき」という議論が米国議会で持ち上がったことは、米国の危機感を表すと同時に、米国議会の外交方針がもちがちな欠点をも示している。
0