カトパンこと加藤綾子、明石家さんまとの熱愛を否定 関係者制すも「きちんと言っておかないと」


 フリーアナウンサーの加藤綾子(32)が7日、都内で「ガム・デンタルリンス」の新CM発表会に登場。今夏に一部で報じられたタレント・明石家さんま(62)との熱愛について否定した。

 NYで密会したとされるが、2人で会ったのか?と問われると「まさか!。スタッフの方とかみんなで食事した」と笑顔で説明。今後の進展にも「ないです!私が言うのもすごく失礼ですが」とやんわりと否定した。プライベートな質問とあってイベント関係者が制止しようとしたが「きちんと言っておかないと」と、しっかりと自らの言葉で返答していた。

 アナウンサーとしては昨年5月にフリーに転身。局アナ時代は自分が質問する立場だったが、転身後は一転してこの日のイベントやバラエティー番組などで自身のことを質問されることも増えた。「退社してから、こういう経験も増えた。自分が話したことが大丈夫だったか。面白かったかとか、不安になることがある」などと、新たなことに奮闘中という。

 また、日ごろから体調維持に向け週1~2回、ジムに通っていることも明かした。すでに1年半くらい継続しているそうで「おなかが硬くなってきた。自分で確認して喜んでいます」と自慢の腹筋をアピールした。

情報満載デイリースポーツ/加藤綾子、さんまとの熱愛を否定 関係者制すも「きちんと言っておかないと」
0