マツコ・デラックスさん、ネットの書き込みに物申す「まずここまで上がってきてから勝負しろ」


10月26日放送の「アウト×デラックス」(フジテレビ系)に、人気バンド、クリープハイプのボーカル、尾崎世界観が登場。「我慢を知らない32歳アーティスト」として紹介されて登場した尾崎。何について我慢できないのかと問いかけられると、「一番はネットに書かれることですね」と答え、インターネットで自身について書かれることに敏感だそう。「何にもできない奴に(悪口を)言われる」ことに我慢できないことを明かした。

番組では、山里亮太(南海キャンディーズ)が、MCのマツコと矢部浩之(ナインティナイン)に「おふたりって、エゴサーチとかってやったりするんすか」と質問。

マツコは「全然やんない」と即答。
SNSのアカウントも持っておらず、全く興味がない様子。「私のこと書くの時間の無駄だと思うんですけど」「なんとも思わないの」と言い切った。

その理由について、「まずここまで上がってきてから勝負しろって」「文句があるんだったら目の前に来て文句言うところまで来なさいって思うから」と持論を展開。

矢部も「それはあるよな」「そいつに面と向かって言われたら、はじめて腹立つかも」と納得した様子。

マツコは「どこぞの誰かわからん奴に言われても、全く心に響かない」と断言、スタジオ全員、マツコの発言に頷くしかなかった。

10月26日放送の「アウト×デラックス」(フジテレビ系)に、人気バンド、クリープハイプのボーカル、尾崎世界観が登場。音楽活動だけでなく、作家としてもマルチに活躍中の尾崎が、インターネットで自身を検索する「エゴサーチ」をしてしまうエピソード…
0