【現在】三中元克さん、めちゃイケから消えた結果wwwwwww


よゐこ・濱口優が『芸能義塾大学』に出演。5人の生徒(華村あすか、山地まり、宮沢セイラ、Niki、今井華)を相手に「過酷なロケを乗り切れば仕事が倍増も夢じゃない!」講座を行なった。

濱口は「無人島0円生活」など「サバイバル芸人」のイメージがつくが、何度もいった無人島ロケの結果、「頑張ればそこを評価してもらえる」ということを実感したという。そして、生徒にこう語りかけた。「若い女性は、こうしたロケで好感度が上がります。若い女性芸能人は、おばあちゃんとかからは『きれいな子』といった感じで同じにしか見られない。でも、ロケで頑張ると『頑張っているきれいな子やな』となり、声を掛けられる率が高まる」

濱口も「無人島0円生活」の決めゼリフ「取ったどー!」を開発して以来、それまでの「静かな子」から今は「取ったどー、の子」と言われるようになった。また、ロケでの心構えは、いくら長時間ロケであろうとも、何分使われるかは気にしていないそうだ。

「長くやって、一瞬で終わる、とかもOK。その顔を出すためだけにやらせてもらっているだけ。『長くやったのに、これだけ……』と言うのはダメです。6時間小麦粉こねて2秒で終わることもあるし、2日歩いて20分ってこともある。『夜が明けた』の一言のために6時間使ったりもするわけです。過酷なロケをやり遂げると評価も仕事も増えていく。過酷そうだからといって逃げるな!」

過酷なロケを耐えると演者からの評価が変わる。「濱口は頑張ったらやるヤツや」となったそうだ。「嬉しかったですねぇ。やってる時は『なんの意味があるんですか?』とか別の出演者は言っていた。意味なんかないです。長時間ロケに意味はないです。バラエティも、もっと言うと意味がない。逃げると演者からも視聴者からの評価も下がる。番組からも消えていきます。

ここで、濱口は自身がレギュラー出演する『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の「新メンバー」だった三中元克について言及。プロレスの企画があったが、それを嫌がり、お笑いをやりたいと言った。道場を脱走するなどし、最終的に三中が番組に必要かどうかを視聴者投票で行った結果、不要と判断され「彼は消えた。今誰も触れない」(濱口)という状況に。

現在三中は、放送作家・鈴木おさむ氏の口利きで中目黒のちゃんこ屋でバイトしている。
「鈴木おさむさんが助けてくれただけ。『黄金伝説』でも、アイドルの子が逃げた。途中でギブアップしてね。こういうの、危険なんですよ……。受けたら最後までやり通すことが大事です」(濱口)

0