高橋真麻、“男性アイドルと共演したとき”のマニフェストが話題「ファンの味方」「好感持てる」


スタジオでVTRを観ていた高橋にもマニフェストはあるか問われると、「嘘付かないとか、人のことを妬まないというはもちろんある」と前置きした上で、さらに「仕事においては、男性アイドルと共演したときには絶対に愛称で呼ばない」と明かした。周りの共演者が愛称で呼んでいても、絶対に男性アイドルに対しては“さん”か“くん”付けで呼ぶという高橋は、「『もしかしたら仲良くなっているかもしれない』という疑いを一ミリでも出さない」と宣言。

これまで、番組などで学生時代にジャニーズJr.の追っかけをしていた過去があることを公言している高橋。アナウンサーとしてのプライドと同時に「元アイドルファンだったので(男性アイドルについて)1つでも多くの情報を出したい」とファンの気持ちがわかるからこそ、強いこだわりがあるという。

高橋の熱い思いに、スタジオから驚きの声が続々。“天の声”を担当する南海キャンディーズの山里亮太も「素晴らしいマニフェストだと思います」と感心していた。

放送後、ネット上では「すごい好感持てる」「情報引き出してくれるの本当にありがたい!」「真麻ちゃんファンの味方だ~!」「そこまで気を使わなくてもいいのに~って思うけど、ファンの気持ち大切にしてくれているの感動」「これをマニフェストとして言えるなんてすごい」などとファンからのコメントが多数上がっている。(modelpress編集部)

【高橋真麻/モデルプレス=10月23日】フリーアナウンサーの高橋真麻が23日、曜日コメンテーターを務める日本テレビ系情報番組『スッキリ!!』(月~金あさ8:00~)に生出演。“男性アイドルと共演したとき”のマニフェストを明かした。
0