斉藤由貴 不倫騒動後初イベント、感極まる「お話ししたいことはたくさん…」


 妻子ある50代の医師との5年にわたるW不倫を認め、2018年1月スタートのNHK大河ドラマ「西郷どん」などのメディア出演を相次いで降板した女優・斉藤由貴(51)が、7日、都内で行われた作詞家・松本隆氏(68)のデビュー47周年記念ライブイベントに出演した。

 騒動発覚後ファンの前に姿を見せるのはこれが初めて。緊張の表情で、感極まりながら「松本さんに“歌っていいよ”と言っていただいたので、こうしてみなさんの前に立っています」と感謝を伝えた。ステージでは「卒業」「初戀」「情熱」の3曲を披露した。

 ステージに呼び込まれた斉藤はガチガチの表情。「初戀」と「情熱」を披露したが、声は震え、高音がかすれることもあった。2曲を歌い終わり、トークを始めても言葉に詰まり、観客から「がんばって」と激励される一幕もあった。

 トークを続けると、次第に表情も緩やかに。「お話ししたいことはたくさんあるような気がするんですが、先ほどから(体調を崩して)戦線離脱するお客さまが…」と笑わせた。最後はデビュー曲でもある「卒業」を披露し、深々と一礼。約1500人の観客から大きな拍手を受けながら静かにステージから去った。

 斉藤は8月3日に週刊誌で不倫が報じられ、同日行った会見で不倫を否定した。“公”の場に姿を見せるのは、この会見以来、2カ月ぶりだった。

0