神田沙也加の夫・村田充の活動休止に隠された本当の理由


5月に女優の神田沙也加(31)と結婚した俳優の村田充(40)が、10月2日で俳優活動を休止することを宣言した。村田充は9月28日から、主演をつとめる舞台『囚人』に出演しており、活動休止はこの舞台の千秋楽日となっている。

村田は自身のブログで、活動休止の理由を「休養と次なる夢の実現」と綴っており、「次なる夢」がどのようなことであるのかは明かされていないが、突然の発表にファンからも驚きの声が寄せられている。しかし一方で「え? 俳優として大したこともしていないのに」「ヒモになるの?」「所帯を持った40歳が“次なる夢”って…」といったコメントもあり、その決断に疑問を感じる声もあがっている。

「村田はこれまで舞台を中心に活動しており、テレビでの露出が多い俳優ではありませんでした。舞台を見ない層にとっては、神田との結婚で初めて知った人も多いはずです。そのため村田の行動に理解できないという意見があっても無理はないでしょうね」(芸能記者)

また村田は、神田の結婚を機に神田とのペアルックの姿を披露したり、神田がゲスト出演した番組で村田がVTR出演し、“のろけコメント”を寄せるという露出が目立った。そのため、「村田にとってプラスになる露出ではなかったのでは」とも言われている。今回の休止宣言も、そんな“黒歴史”を上塗りする結果にならなければよいがと懸念する声も多いようだ。 この突然の村田の活動休止宣言は、かつて人気を博したあの俳優を連想してしまう。

0