“秋でもTシャツおじさん”に女性から「キモい」の声…男性が反論、ファッション関係者のアドバイスも


「もう秋なのにTシャツだけなのはおかしい。さらに、無地のVネックって男性がよく着ていますけど、ぶっちゃけ“肌着”ですよね。人前に出ていること自体が恥ずかしくないんですか?」(30代後半・会社員)

 そこで改めて周囲の女性に意見を求めてみたところ「季節感がヘン」「9月の後半を過ぎたらTシャツはインナーだと思う」「乳首が浮き上がっている男性を見ると気持ち悪い」「ピチピチのサイズの無地Tシャツだと、腹が目立ってだらしない」など、辛辣なコメントがあがった。

(男性側の言い分)

「僕たちが着ているものは肌着ではありません。たとえば、ユニクロでもエアリズムやヒートテックは素材が薄くて肌着だと思う。でも、僕たちが着ているものは生地が厚くてしっかりしているもの。ちゃんと選んでいるんですよ」(36歳・IT関係)

 ひと言で“無地のVネック”と片付けることはできない。無地のVネックをひたすら愛する、ライフスタイル雑誌のライターA氏がこう力説する。

「見た目は同じかも知れませんが、メーカーによっても全然違うんですよ。僕はヒップホップが好きなのですが、着るならアメリカ発のヘインズかな。ファッションアイコン的な有名アーティストもドン・キホーテで売られている3枚セットで約1000円のヘインズを愛用していることを公言していました。少し生地が薄くてヘタりやすいのがデメリットですが、なにより安くて、汚れたら気兼ねなく捨てられる。そして新品を買うというルーティーン。飽きないのかと思われるかも知れませんが、常に清潔でフレッシュ(新鮮)な気分でいられます。

中途半端な気温となるこの時季、上着は羽織らずにTシャツ1枚で外に出る男性も多いのではないか。ちなみに中年メタボで暑がりの記者は年中、無地のVネックを愛用している。休日はもちろん、取材のない日はオフィ…
0