フジテレビがお荷物番組『めちゃイケ』を打ち切れない深刻すぎる内情とは?


 もはや芸能界の風物詩的存在になっている“めちゃイケ終了説”。1996年スタートの『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)だが、ここ数年は視聴率の大不振に加えて「番組内容がつまらない」といった意見が噴出し、改編期が近づくたびに打ち切り情報が浮上してきた。そして今年、新社長の宮内正喜氏(73)が「タイムテーブルを白紙にする」と発言したことによって、さらに終了説が加速しているが──。

「実際に局内でも問題視されているのは、内容以前に視聴率。ほんの数年前には平均視聴率20%超えも記録していた『めちゃイケ』ですが、近年では同時間帯最低も珍しくなくなり、ここ数ヶ月は4~5%台という有様。土曜のゴールデンでこの数字では話にならないため、『可能であればすぐにでも打ち切りたい』というのがフジの本心です」(テレビ局関係者)

 それでも現状で『めちゃイケ』は4月以降も“放送継続”の可能性が高いという。局の低迷を象徴する土曜日ゴールデンのバラエティ番組には複雑な事情が交錯しているようだ。

「フジとしては『笑っていいとも!』終了後、後釜となった『バイキング』が長らく苦戦していたことで、ご長寿番組の終了に対してアレルギー反応がある。局全体の風向きを変えるため、断腸の思いで『いいとも』を打ち切ったはずなのに数字的には改善どころか、さらに下降したワケですからね。現在でも局内から『終わらせるべきではなかった』という意見が出ているほど。『めちゃイケ』はこれまでのフジテレビを支えてきた看板番組。そう簡単に終わらせるワケにはいきません」(同・関係者)

 さらに『めちゃイケ』を打ちきれない理由として、「代替えが用意できない」という部分も無視できない。

0