承諾なく奥歯2本を削った疑い 岡山の歯科医師逮捕


岡山県警は17日、患者の歯を不必要に削り損傷させたとして、傷害の疑いで歯科医師(53)を逮捕した。

逮捕容疑は昨年5月17日、自宅が入るビルで開設した歯科医院「岡山ファミリー歯科」に初診で訪れた岡山市の男性(25)の承諾を得ていないのに、歯科器具を使って奥歯2本の健康な部分を切削し、治療に約1カ月かかる傷害を負わせたとしている。

県警によると、昨年5月末、男性が受診した別の歯科医師が警察に相談したことを受け、捜査を進めていた。同様の被害情報が医師や患者から複数寄せられており、関連を調べる。

岡山県警は17日、患者の歯を不必要に削り損傷させたとして、傷害の疑いで歯科医師の福原淳郡容疑者(53)=岡山市北区津島新野=を逮捕した。「患者を傷つける行為はし…
0