【東京】 凍ったフロントガラスにお湯をかけて運転していた会社員男、寒さで窓くもり視界が悪くなって男性はねる はねられた男性死亡


フロントガラスにお湯を…寒さで窓くもり男性はねる
気温が氷点下近くまで下がり、フロントガラスが曇りやすくなっていました。

28日午前5時45分ごろ、東京・八王子市の遊歩道を歩いていた77歳の坂井勝男さんが会社員の男性(33)が運転する車にはねられて死亡しました。警視庁によりますと、現場付近は氷点下近くまで気温が下がっていました。

男性は運転前に表面が凍ったフロントガラスにお湯をかけてから運転していましたが、水滴を残したまま車を走らせていたため、フロントガラスが曇り、視界が悪くなっていたとみられています。警視庁は、男性を過失運転致死の疑いで逮捕する方針です。

 気温が氷点下近くまで下がり、フロントガラスが曇りやすくなっていました。  28日午前5時45分ごろ、東京・八王子市の遊歩道を歩いていた77歳の坂井勝男さんが会社員の男性(33)が運転する車にはねられて死亡しました。警視庁によりますと、現場付近は氷点下近くまで気温が下がっていました。男性は運転前に表面が凍ったフロント
0