「SNSに写真アップしないで」と口止めして牛生レバー提供、加熱指示せずに…兵庫県警、43歳焼肉店主を逮捕


焼肉店で加熱を指示せず牛の生レバーを提供したとして、兵庫県警生活経済課は4日、食品衛生法違反の疑いで、同県加東市の焼肉店経営の男(43)を逮捕した。「『焼いてください』と注意しなかった」と容疑を認めている。

 県警によると、従業員が「生レバーあります」と客に伝えた上で1皿あたり約800~千円で提供。注文客には「ツイッターなどのSNS(会員制交流サイト)などに写真をアップするのは止めてください」と口止めしていた。健康被害は報告されていないという。

 逮捕容疑は、9月21日と11月9日、客に加熱するよう指示しないまま牛の生レバーを提供したとしている。

 牛の生レバーの提供は、死者を出した平成23年の焼肉店で集団食中毒が起きたのを機に禁止された。

焼肉店で加熱を指示せず牛の生レバーを提供したとして、兵庫県警生活経済課は4日、食品衛生法違反の疑いで、同県加東市の焼肉店経営の男(43)を逮捕した。「『焼いてく…
0