「電車に乗るのが面倒」ごみ収集車盗み逮捕

 酒に酔って、路上に停車していたごみ収集車を盗んだとして、飲食店従業員の男が逮捕された。

 窃盗の疑いで逮捕されたのは、東京・江戸川区の飲食店従業員・本間峻介容疑者。警視庁によると、本間容疑者は今年7月の朝、東京・港区六本木の路上に停車していた事業ごみの収集車を盗んだ疑いが持たれている。

 本間容疑者は当日未明から周辺の飲食店で飲み歩いていて酒に酔っており、作業中で鍵がついたまま止まっていたごみ収集車に乗り込んで、逃走したという。

 調べに対し、本間容疑者は「朝の混み合った電車に乗るのが面倒くさくて、目の前にあったごみ収集車を盗んだ」と容疑を認めているという。

酒に酔って、路上に停車していたごみ収集車を盗んだとして、飲食店従業員の男が逮捕された。「朝の混み合った電車に乗るのが面倒くさくて、目の前にあったごみ収集車を盗んだ」と容疑を認めているという。
0