【訃報】大阪市西成区あいりん地区が消滅・・・・・・


 日雇い労働者が集まる「日本三大ドヤ街」の一つ、大阪の「あいりん地区」周辺が変貌(へんぼう)しそうだ。大阪を訪れる外国人客の増加を受けて南海電気鉄道が新たに交流施設をつくるほか、星野リゾートもホテルを建てようとしており、開発計画が相次いでいる。

 南海電鉄は2019年9月、同地区の最寄りとなる新今宮駅近くで、日本で働きたい外国人と日本企業とを引き合わせる拠点を開く。宿泊施設やカフェなども入る。

 この場所には、大阪市の「馬淵生活館」があった。1962年から生活困窮者を受け入れ、自立を支援していた施設で、ピーク時には約340世帯が入居したが、10年3月末に閉鎖した。南海電鉄が市の跡地活用の公募に手を挙げ、約4800平方メートルの敷地を1億6千万円で買って交流施設を建てることにした。

 あいりん地区は、大阪・ミナミの繁華街や通天閣のある「新世界」に近い。関西空港からもアクセスしやすく、新今宮駅周辺は訪日客に人気のスポットになりつつある。

 宿泊施設も増えている。訪日客向けのツアーを手がけるベンチャー企業「フリープラス」が4月にホテルを開業し、さらに新たなホテルもつくる予定だ。星野リゾートも22年に大規模なホテルを開業する。宿泊料はビジネスホテルと同じ価格帯にし、「ディープなエリア」を訪れる人たちを取り込みたい考えだ。(中島嘉克)

 日雇い労働者が集まる「日本三大ドヤ街」の一つ、大阪の「あいりん地区」周辺が変貌(へんぼう)しそうだ。大阪を訪れる外国人客の増加を受けて南海電気鉄道が新たに交流施設をつくるほか、星野リゾートもホテルを…
0