ZOZOTOWN前澤友作社長が蜜愛する17歳下の美人女優


 小雨がそぼ降る中、住所も電話番号も非公開の会員制レストランの『R』の前に黒光りするマイバッハが停まった。ナンバーは「2020」。前澤友作氏(42)が運営する時価総額1兆円のファッション通販サイト、『ZOZOTOWN』をなぞって付けられた番号だ。

 『R』の入り口前に停まった“ZOZOバッハ”から素早く運転手が降り、後部座席の巨大なドアをバクン! と開けた。

 中からロンTにデニム、スニーカーとカジュアルなファッションに身を包んだオーナーの前澤氏が登場。慣れた様子で『R』へと入って行く。そして、前澤氏に遅れること20分―『R』の入り口にキャスケット帽をかぶった細身の美女が現れ、スマホの画面とにらめっこしながら店へ入って行った。『R』の常連客には見えない、この美女はいったい―。

「一代で『ZOZO』を築いた前澤氏は一見、イケイケに見えますが、実はかなりの寂しがり屋。紗栄子(31)と別れてから、すぐに恋人募集の“大オーディション”を開催したそうです。“1兆円の男”と付き合えるとあって、タレントとかアイドルとか、キレイどころが多数エントリーしたようですが、すでに選考は終盤戦。最終選考に残ったのは17歳下の女優さんだとか……」(芸能プロ幹部)

 この翌日、彼が常宿にしている超高級ホテルに“ZOZOバッハ”が帰還。後部座席から前澤氏と件の美女が下車し、ホテル支配人らしき紳士に最敬礼されながら、階上の人となったのである。

 以後、彼女の行く先には必ずといっていいほど、お迎えの“ZOZOバッハ”が登場。彼女が友人と『R』を訪ねた夜も、食事が終わったころに“ZOZOバッハ”が現れ、一行を前澤氏が持つ高級マンションへ送っていくのだった。

 いま、前澤氏が夢中になっている美女の名は下京慶子(25)。『紳助社長のプロデュース大作戦!』(TBS系)なる番組で2010年に紳助が「日本一可愛い素人」と激賞した女優である。

「以前から前澤氏が節目と考えていたのが『2020』年です。この“ZOZOイヤー”まで、下京が恋人の座にいられれば、ド派手な“ZOZO婚”が拝めるかもしれませんね」(前出・知人)

 可能性は十分にありそうだ。11月24日発売のFRIDAY最新号では、ツーショット写真とあわせて二人の関係を詳しく報じている。また、FRIDAYデジタルでは、現在1000円会員に登録すると11月30日まで記事を無料で読むことができます。

撮影 高塚一郎

小雨がそぼ降る中、住所も電話番号も非公開の会員制レストランの『R』の前に黒光りす - Yahoo!ニュース(FRIDAY)
0