24時間営業をやめた『ロイヤルホスト』、今度は定休日を導入する方針へ その日は・・・


ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」が、2018年の元日を定休日とする方向で最終調整を進めている。
ロイヤルホールディングスによると、全国220店舗を展開する「ロイヤルホスト」は、2018年から、元日のほか、5月と11月に1日ずつ、あわせて年間3日の定休日を設ける方向で最終調整を進めている。
ホテルや商業施設に入る十数店舗を除き、9割以上の店舗での休業を検討している。
「ロイヤルホスト」は、24時間営業を全ての店舗で廃止するなど働き方改革を進めているが、今回の定休日導入は、年中無休のファミリーレストランが多い中で、異例の取り組みとなる。

「ロイヤルホスト」休業日導入へ:ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」が、2018年の元日を定休日とする方向で最終調整を進めている。...
0