米カリフォルニア州で銃乱射、4人死亡…児童ら負傷、容疑者射殺


 【ロサンゼルス=住井亨介】米メディアによると、カリフォルニア州北部ランチョテハマにある小学校などで14日朝、銃の乱射事件があり、少なくとも4人が死亡、児童を含む10人が負傷した。容疑者は男1人で、警察当局に射殺された。

 男は同日午前8時ごろ、小学校など7カ所で銃を乱射。警察当局は、現場で容疑者のものとみられる半自動ライフル銃1丁と拳銃2丁を押収し、「乱射は約45分間続いた」としている。

 報道によると、男は現場近くに居住し、家庭内トラブルを抱えていたという。警察当局によると、小学校での死者はいなかったが、校内で児童1人、さらに車に乗っていた児童1人が撃たれた。負傷者は病院に搬送され治療を受けている。当局は学校を閉鎖するなどして捜査。児童らは安全な場所に避難した。

 ランチョテハマは州都サクラメントから北へ約210キロに位置し、人口は約1500人の小さな町。ブラウン州知事は「児童が巻き込まれた衝撃的な事件に心を痛めている」とのコメントを出した。

 米国では銃を使った事件が続発。10月には西部ネバダ州ラスベガスで男がホテルの部屋から屋外のコンサート会場に向けて乱射し58人が死亡、約500人が負傷した。今月5日には南部テキサス州の教会で26人が男に銃で撃たれ死亡した。

【ロサンゼルス=住井亨介】米メディアによると、カリフォルニア州北部ランチョテハマにある小学校などで14日朝、銃の乱射事件があり、少なくとも4人が死亡、児童を含む…
0