横田めぐみさん拉致40年 早紀江さん「政府は全力の取り組みを」


早紀江さんは、40年がたったことについて「近くの国にいるのに、どうしてこんなに長い間、助けてあげられないのだろうという思いが大きくなっています。『あしたは帰ってくるかもしれない』と思って頑張ってきましたが、姿さえ見えません」と語りました。

その上で「政府は一生懸命、知恵を練って頑張って下さっていると思いましたが、40年たっても何も分からない状況で、信じてよかったのかという思いが家族の中にもあります。本気になって被害者を助け出してほしい」と求めました。

そして、「こんなに長くかかれば体も弱ってきますので、元気な間に、意識があるうちに、『めぐみちゃん』と声をかけてあげたい。今、めぐみちゃんには『とにかく病気をしないで元気でいて下さい。お父さんお母さんは弱ってきていますが最後まで頑張るから』と伝えたい」と話しました。

中学1年生だった横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されてきょうで40年がたちました。記者会見した母親の早紀江さんは「元気な間に、意識があるうちに、…
0