【アホ】自宅前の道路を”私有地”と主張し通行人を妨害する夫婦が現れる「命ある限り妨害は続ける」


 堺市で8日、自宅前の道路で通行人を突き飛ばしたとして79歳の男が逮捕されました。男は「私有地」と主張して通行を妨害するトラブルが絶えなかったということですが、その一部始終をカメラが捉えていました。

 傷害の疑いで逮捕された平野保生容疑者(79)。8日、自宅前の道路を自転車で通ろうとした20代の男性を押し倒し、10日間のけがをさせた疑いがもたれています。警察によりますと、平野容疑者は自宅前の道路をめぐって度々、近所の人とトラブルになっていたということですが、その一部始終をカメラがとらえていました。

【近隣住民提供映像・10月23日】
 「なんで通られへんねん」(自転車に乗る男性)
 「無論通さん!」(平野容疑者)
 「道路で…」
 「じゃかましい!常識判断じゃ!人の土地を勝手に通ることなんかできんのじゃ!この日本の国では」
 「そんなん言うたら誰も通られへんやないかい」
 「じゃかましい!通るな!」
 「道路やから通るよ、俺は」
 「道路と違うっちゅうねん!(地目)宅地やいうてんねん!」

 ここは「道路」ではなく、自らが所有する「私有地」だと主張する平野容疑者、トラブルはこれだけではありません。自転車で横切ろうとする女性には、横倒しになりながら自転車を止めていました。

【近隣住民提供映像・9月】
 「なんでこんなことされるん?」(女性)
 「止まれって言うてんのに」(平野容疑者)
 「いやーもう痛い」
 「止まれって言うてんねん!あんたには通る権利がないねんって!」
 「ようわからへんけど、言ってることが」
 「わからんじゃなくて、通る権限がないから、向こうに引き返せって言うてんねん」

 こうした口論は毎日繰り返されていたということで…。

 「毎日毎日朝の6時前から威嚇してんねん。その声を聞くのが嫌」(近所の人)
 「裏に高校があるから、以前は(自宅前を)通って行っていたと思うけど、いまは通らないです」

 平野容疑者が逮捕されるのは実は今回が初めてではありませんでした。2年前にも同じ道路をめぐって逮捕されていました。当時、道路は植木鉢などでほとんどふさがれ、歩行者はわずかな隙間を通らざるを得ませんでした。そして、この一部始終を自宅前で平野容疑者は見ていました。

 「あの人は通る権利のない人が通ってるんや、勝手に。ここは生活道路じゃないの。僕は通路として使用させないと宣言してるの」(平野容疑者・2015年)

 「私有地」と主張する平野容疑者ですが、登記簿上は周辺住民との「共有地」。2年前の事件で執行猶予付きの有罪判決を受けた平野容疑者。8日の事件は執行猶予中に起きていました。夫の逮捕に妻は…

 「これ(私有地問題)が解決しない限り続くと思う」(平野容疑者の妻)
 Q.ずっと続く?
 「続くんじゃないですか?主人はやるでしょうね、命のある限り」
 Q.それは止められない?
 「九州の男はそうですよ」

 平野容疑者は調べに対し、「自転車が私有地に勝手に入ってきたので私は悪くない」などと、容疑を否認しているということです。

「私有地」通行妨害トラブルが映像に、妻「主人はやる、命のある限り」
0