朝日新聞記者が電車内で女性のスカート内を盗撮しようとして逮捕!日テレカメラマンが一部始終を盗撮して通報していた


朝日新聞の35歳の記者が、山手線の電車内で、女性のスカートの中を盗撮しようとしたとして、東京都の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、朝日新聞東京本社スポーツ部の記者、増田啓佑容疑者(35)です。

警視庁によりますと、増田容疑者は、7日午後4時半ごろJR山手線の田町駅と浜松町駅の間の電車内で、若い女性のスカートの中を盗撮しようとしたとして、都の迷惑防止条例違反の疑いが持たれています。

小型カメラを紙袋に入れレンズを外に向けていたということで、不審に思った別の乗客が、110番通報して駆けつけた警察官が、その場で逮捕しました。

警視庁によりますと、調べに対して容疑を認め、「数か月前から同じ様なことをやっていたが、やめられなかった」などと供述しているということで、詳しいいきさつを調べています。

朝日新聞社広報部は、「記者が逮捕されたことを重く受けとめています。事実関係を確認したうえで、厳正に対処します」とコメントしています。

朝日新聞の35歳の記者が、山手線の電車内で、女性のスカートの中を盗撮しようとしたとして、東京都の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されました。
0