【ヤバイ】 米テキサス州の教会で銃乱射事件。 20人が死亡


アメリカ南部、テキサス州の教会で日本時間の6日未明、男が礼拝に参列している人に銃を無差別に発砲してこれまでに少なくとも20人が死亡しました。銃を発砲したと見られる男はすでに死亡したということで、警察は事件の背景などについて詳しく調べています。

アメリカ南部テキサス州にある教会で、現地時間の5日午前、日本時間の6日未明、男が銃を無差別に発砲しました。アメリカのABCテレビは地元の警察の話として、この事件で、日曜の礼拝に参列していた少なくとも20人が死亡し、30人がけがをしたと伝えています。

事件があったのはテキサス州のサザーランドスプリングスで、人口100万を超える都市、サンアントニオの南東にある小さな街です。

現地からの映像では、教会から運び出されたけが人が、救急車で搬送される様子が確認できます。銃を発砲したと見られる男はすでに死亡したということで、警察が事件の背景などについて調べています。

アメリカでは銃を使った事件があとを絶たず、先月1日には、西部ネバダ州ラスベガスで男が銃を乱射し、58人が犠牲となるアメリカ史上最悪の銃の乱射事件が起きています。

アメリカ南部、テキサス州の教会で日本時間の6日未明、男が礼拝に参列している人に銃を無差別に発砲してこれまでに少なくとも20人が死亡しました。…
0