寝ていた小4に気付かず市バス3㌔回送運転…運転手を懲戒処分 大阪・高槻市


 終点でバスの車内確認を怠り、寝ていた小学生に気付かずに約3キロ回送運転したなどとして、大阪府高槻市は2日、市交通部緑が丘営業所に所属する50代の男性乗務員(バス運転手)を戒告の懲戒処分にしたと発表した。

 市によると、運転手は、10月2日午後4時55分ごろ、運行していたバスの終点・JR高槻駅北に到着。終点で義務づけられている車内確認を怠り、座席で寝ていた小学4年の男児を乗せたまま、別便を運行するため回送運転。約10分後に約3キロ離れたJR摂津富田駅前に到着し、目覚めた男児に声をかけられて気付いたが、営業所への報告も怠っていた。男児はJR高槻駅北で降車する予定だったといい、別のバスで向かったという。

 市の聞き取りに運転手は「急いでいて車内確認を怠った。児童がいたことがわかり、頭が真っ白になって報告しなかった」と話したという。

終点でバスの車内確認を怠り、寝ていた小学生に気付かずに約3キロ回送運転したなどとして、大阪府高槻市は2日、市交通部緑が丘営業所に所属する50代の男性乗務員(バス…
0