9人3段の組体操で事故った中3男子生徒、2日後に脳内出血で死亡 → 遺族が学校側に9600万円の損害賠償請求へ


去年6月、広島県三原市の中学3年の男子生徒が、運動会の2日後に脳内出血で死亡したのは、組み体操の事故で頭を強く打ったのが原因だとして、両親などが学校を運営する広島大学に9600万円余りの損害賠償を求める訴えを広島地方裁判所尾道支部に起こしました。

訴えを起こしたのは、広島県三原市にある広島大学付属三原中学校に通っていた当時3年生の男子生徒の両親など遺族です。

訴えによりますと、男子生徒は、去年6月に行われた運動会で、9人で3段のピラミッドを作って移動する組み体操に参加しましたが、真ん中の段で四つんばいの状態になっていたところ、ピラミッドが崩れ、上から落ちてきた生徒のひざで後頭部を強く打ったということです。

男子生徒は、2日後に自宅で体調不良を訴え、病院に運ばれましたが、脳内出血で死亡しました。

これについて両親などは「スポーツ庁が安全が確保できない場合は組み体操の実施を見合わせることなどを求める通知を出したにもかかわらず、学校側は安全対策を講じないまま漫然と実施し、事故を防ぐ義務を怠った」などとして、学校を運営する広島大学に9600万円余りの損害賠償を求めています。

広島大学付属三原中学校の三村真弓校長は「訴状が手元にない段階で詳しいコメントはできないが、学校側としては調査の結果、事故が起きたという証拠は得られていないと考えている」とコメントしています。

去年6月、広島県三原市の中学3年の男子生徒が、運動会の2日後に脳内出血で死亡したのは、組み体操の事故で頭を強く打ったのが原因だとして、両親な…
0