【放送事故】ミヤネ屋が別の建物の屋上から座間市アパート殺人現場をレポート → 大家ブチギレ「降りろよ!やめろ!」


座間市のアパートの部屋から9人の遺体が発見された事件を報じていた『ミヤネ屋』。11月2日の放送では座間市の事件現場付近の建物の上から中山リポーターが事件現場のアパートを見下ろす形で中継。

中継開始時に「別の建物の屋上に許可を頂いて上がらせてもらいました」としていた。しかしそれから数分間中継を行っていると「おら! 降りろよ! やめろ!」と言う男性の声が聞こえてきたのだ。宮根誠司がその声を気になったようで「なんか声聞こえません?」とスタジオから呼びかけた。

すると中山リポーターが「不動産会社の方に確認させて頂いたのですが、大家さんの方でここ(屋上)やめなさいということなので、今おりたいと思います」と屋上からの中継が中止となった。

どうやら別の建物の屋上に上がる許可は得ていたが、大家さんは上から撮られるのを良しとしなかったようで、カメラを止めるように要請。それが中継中に声が入ってしまった。

  /*  ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください */  【簡単に説明すると】 ・ミヤネ屋が座間市のアパート殺人を現場からレポート ・別の建物の屋上からレポートするも大...
0