任天堂、18年3月期営業益は650億円→1200億円と大幅な上ブレ予想!ニンテンドースイッチは489万台突破


任天堂は、10月30日、2018年3月期の連結業績予想の上方修正を発表、売上高は従来予想7500億円から9600億円(増減率28.0%増)、営業利益は同650億円から1200億円(同84.6%増)、経常利益は同600億円から1250億円(同2.0倍)、当期純利益は同450億円から850億円(同88.9%増)に修正された。

第2四半期累計期間(4~9月)の販売実績とその後の状況を踏まえたほか、対ユーロの為替レートを従来の1ユーロ=115円から125円に変更したことが修正の要因としている。

また、同時に発表した2018年3月期の第2四半期(4~9月)の連結決算は、売上高3740億円(前年同期比2.7倍)、営業利益399億円(前年同期59億円の赤字)、経常利益695億円(同308億円の赤字)、四半期純利益515億円(前年同期比34.5%増)と大幅な増収、営業・経常黒字転換を達成した。

Nintendo Switchは、7月に発売した『Splatoon 2』が国内外で人気となり、全世界で361万本の販売を記録したほか、それぞれ4月、6月に発売した『マリオカート8 デラックス』や『ARMS』の販売が順調に推移し、ハードウェアの販売台数は489万台、ソフトウェアの販売本数は2,202万本となった。

ニンテンドー3DSは、ハードウェアの新しいラインアップとして全世界で6月から7月にかけて発売したNewニンテンドー2DS LLが販売を伸ばし、ハードウェアの販売台数は286万台(前年同期比5%増)となった。ソフトウェアでは、全世界で発売した『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』や『メトロイド サムスリターンズ』の販売が堅調に推移しましたが、ソフトウェアの販売本数は1,382万本(前年同期比28%減)となった。

また、amiibo(アミーボ)は、新たに発売した「Splatoon」シリーズなどでラインアップの拡充を図り、フィギュア型を約510万体、カード型を約280万枚販売した。

ダウンロードビジネスは、特にNintendo Switchでのダウンロード販売が好調だったことにより、ダウンロード売上高合計では228億円(前年同期比55%増)となった。

任天堂<7974>は、10月30日、2018年3月期の連結業績予想の上方修正を発表、売上高は従来予想7500億円から9600億円(増減率28.0%増)、営業利益は同650億円から1200億...
0