NHK、受信料を払ってくれていた3300人分の個人情報を流出させてしまう/(^o^)\


 NHKが放送受信料カード払い利用申し込みの帳票の溶解廃棄処理を委託した業者が、一部の約3300枚を紛失していたことが24日、わかった。

 NHKは「皆様にご迷惑、ご心配をおかけしたことをおわびいたします。個人情報の取り扱いを一層厳重にし、再発防止を徹底します」とコメント。

 さらに、10月16日静岡県沼津市内において受信料帳票が道路上に落ちているという情報が寄せられ、NHKが確認したところ、275枚の帳票を発見したと経緯を説明している。。

 帳票は10月11日に埼玉県川口市内のNHKの施設から、溶解廃棄処理を委託した業者が搬出。処理の依頼は段ボール箱4809個分で、静岡県沼津市内の施設に保管していた一部の、1箱分3306枚の所在が不明になっており発見分を除くと最終的な紛失枚数は3031枚にのぼる。

 紛失したのは、ホームページで平成23年4月22日~28日にカード払いの申し込みをされた方の分で、帳票には、名前、電話番号、クレジットカード番号、メールアドレス等が記載されている。

0