米Yahoo!「ずっと隠してたけどハッカーの攻撃で30億アカウント全部に影響出てたわwww」


米ベライゾン・コミュニケーションズ傘下のヤフーは3日、2013年のハッカー攻撃で当時30億のユーザー全てのアカウントに影響が出たと判断していることを明らかにした。

ヤフーは当初10億のユーザーに影響があったと発表したが、ベライゾンによる買収後改めて分析したところすべてのユーザーに影響があった事が分かった。
盗まれた情報にはクリアテキストのパスワードや支払い情報、銀行口座は含まれていなかった。

ヤフーは13年の攻撃を仕掛けた人物を特定できないとしているが、米政府は14年のハッカー攻撃を指示したのがロシアだとしている。13年の攻撃は東欧ハッカー集団の動きを追跡していたインフォアーマー社のアンドルー・コマロフ最高情報責任者が発見したもので、同氏によれば、この集団はヤフーの10億のアカウントを30万ドルでひそかに売却していたという。

米ベライゾン・コミュニケーションズ傘下のヤフーは3日、2013年のハッカー攻撃で当時30億のユーザー全てのアカウントに影響が出たと判断していることを明らかにした。
0