ゲームの違法ダウンロード、実際のゲーム販売へ影響を与えないどころか売上に貢献してたwwwww


欧州委員会の報告書によれば、ゲームに対する違法コピー(海賊行為)は実際のゲームの販売へ影響を与えないとする調査結果が。

報告によれば欧州の全成人の約51%、未成年者の約72%が違法コピーをダウンロードあるいはストリーミングしていることが判明。

ゲームに限れば回答者の内の18%が違法ダウンロード経験、16%は改造機でのプレイ経験。

違法なダウンロードあるいはストリーミングがゲームに肯定的な影響を与えている理由として、違法なユーザーを課金ユーザーへと変質させることに成功していることを挙げられる可能性が。

例として、ゲーム業界で使用されている課金によるボーナス戦略が有効に働いているケースなどがある。

違法コピーの存在がむしろ売上へ貢献しているという。
0