都立高生いじめ自殺事件、遺族がヤバすぎる仕打ちを受けていた・・・


「いじめがあったと判断することは、極めて困難」と結論づけた。

2015年、都立高校1年の男子生徒(当時16)が自殺した問題で、東京都教育委員会の調査部会は、5つのいじめを疑わせる行為について検討した。

そして、「収集できた資料の範囲内で判断する限りにおいて、いじめがあったと判断することは極めて困難」と結論づけ、遺族側に説明した。遺族側は、調査が不十分で、学校や教育委員会の責任についても十分検討されていないとして、再調査を求めている。また、この問題で、教育庁の担当者が遺族に対して声を荒らげ、資料を机にたたきつけるなどした事実があり、担当者が謝罪したことを明らかにした。

0