【悲報】 人気マンガ『境界のRINNE』 あと3話で最終回へ


「うる星やつら」「めぞん一刻」などで知られる高橋留美子さんの人気マンガ「境界のRINNE(りんね)」が“あと3話”で最終回を迎えることが29日、明らかになった。連載している同日発売のマンガ誌「週刊少年サンデー」(小学館)2018年1号で「最終話まであと3話」と発表された。

 「境界のRINNE」は、09年から「週刊少年サンデー」で連載中。幼いころから幽霊が見える女子高生・真宮桜や、祖母が死神で祖父が人間の六道りんねが、怪奇現象を解決していく姿を描いている。コミックスが39巻まで発売されている。

 NHK・Eテレで3度にわたってテレビアニメ化されており、第1シリーズが15年4~9月、第2シリーズが16年4~9月、第3シリーズが17年4~9月に放送された。

 「うる星やつら」「めぞん一刻」などで知られる高橋留美子さんの人気マンガ「境界のRINNE(りんね)」が“あと3話”で最終回を迎えることが29日、明らかになった...
0