マンガ『賭ケグルイ』が実写ドラマ化決定!1月から放送開始


河本ほむら原作、尚村透作画「賭ケグルイ」の実写ドラマ化が決定した。

「賭ケグルイ」は、ギャンブルでの階級制度が存在する名門・私立百花王学園を舞台に、賭け事のリスクを楽しむ“賭ケグルイ”の蛇喰夢子を描くギャンブルマンガ。ガンガンJOKER(スクウェア・エニックス)にて連載されており、単行本は8巻まで発売されている。また「賭ケグルイ双」「賭ケグルイ妄」といったスピンオフ作品も展開されており、2017年11月時点で単行本はシリーズ累計370万部を突破。今年7月にはテレビアニメもオンエアされた。

実写化にあたり、河本は「『賭ケグルイ』は僕の好きなものを詰め込んだ漫画です。それをまさか実写で見られるなんて。とても光栄だし、望外の喜びです」とコメント。また尚村からは実写化決定を祝したイラストが到着し、「河本さんに原作をいただき、毎日描き続けてきた夢子たちがアニメになって今度は実写になるなんて…!吉報に滾りながら原稿を描いています」とドラマ化に期待するメッセージを寄せた。

また監督は「ヒロイン失格」「あさひなぐ」の英勉が担当。「ボクの中で夢子ちゃんが賭ケグルイ、鈴井くんがガチ挙動り、芽亜里ちゃんが叫びまくり、滾ってしまいます状態です」と意気込んだ。

ドラマ「賭ケグルイ」は、MBSにて2018年1月14日24時50分より、TBSにて16日25時28分よりオンエア。出演キャストなどは順次公開されていく。

河本ほむら原作、尚村透作画「賭ケグルイ」の実写ドラマ化が決定した。
0