【速報】ドラマ『電影少女』アイ役は乃木坂46・西野七瀬に決定! 原作者・桂正和先生も期待をよせる


桂正和原作のテレビドラマ「電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~」の追加キャストが発表された。ビデオガール・天野アイ役は西野七瀬(乃木坂46)が務める。

「電影少女」は、特殊なビデオテープから実体となって現れる少女・ビデオガールと、彼女たちと出会った恋に悩む少年たちを描くSF恋愛マンガ。ドラマ版では2018年の現代を舞台に、野村周平演じる高校生・弄内翔が、叔父・洋太の家で発見した壊れた古いビデオデッキを通じ、西野演じるビデオガール・天野アイと出会う物語が展開される。

原作イメージに合わせて髪を20cm切り役に挑んだという、ドラマ初主演となる西野は「今回私が演じるアイは元気な子。自分とは性格がだいぶ違くて少し不安です。まず自分のことをオレっていうし、男言葉を結構よく使うし。他にも、1人だけ90年代のままの女の子って設定だったりします」と語るも、「一所懸命やるしかないです。私にできることはそれだけ。がんばります」と力強くコメント。また桂は「天野アイを演じてくれて、ありがとうございます!! 昭和のキャラクターをどんな風に魅せてくれるのか、とても楽しみ!!!」と期待を述べた。

ドラマ「電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~」は、テレビ東京系にて2018年1月よりオンエア。監督は関和亮、脚本は喜安浩平が手がける。またAmazonプライム・ビデオにて、テレビ放送の1週間前から独占先行配信されることも決定した。

桂正和原作のテレビドラマ「電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~」の追加キャストが発表された。ビデオガール・天野アイ役は西野七瀬(乃木坂46)が務める。
0