宮崎駿監督 “引退撤回” の理由が微笑ましい! 復帰作は誰のため??


 2013年公開の長編アニメ『風立ちぬ』を最後に、制作部門を解散し長編アニメ制作から引退していた宮崎駿監督(76)。

 今年2月、長編に着手していることをスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(69)が明かし、5月にはスタッフを公募し「引退撤回」が決定的に。また、公開時期に関しては、4月末にイベントに出席した鈴木プロデューサーいわく「進捗状況は良くない。(19年公開は)できるわけない」とのこと。

「これまで何度か、引退しては撤回することを繰り返してきた宮崎監督ですが、そのたびに、ファンの間では“引退撤回理由”が取りざたされる。今回、意外なところでその理由が明らかになって、ファンを苦笑させていますよ」

 テレビ誌記者がそう明かす理由とは?

「8日に放送されたNHKの番組『日曜美術館』に、スタジオジブリの鈴木プロデューサーがゲスト出演したんです。日本画の狩野派、狩野元信の戦略についてあれこれ鈴木さんが語っていました。

 その中で、宮崎監督の新作について、『孫のために作ってますよね。おじいちゃんはあの世に行っちゃうけど、作品を残すって』と発言したんです。私は、ジブリファンですが、さすがにテレビに向かって、おいおい!って突っ込んでいました。そんなのが動機かよって(笑)。

2013年の『風立ちぬ』を最後に引退を表明した、宮崎駿監督。ここにきて、数年後に新作アニメを公開するという話が飛び出した。ファンを驚かせ、また和ませたのが、引退を撤回したその理由。宮崎監督の頭の中にはある人の存在がーー。
0