【悲報】映画『エウレカ』、酷すぎてファンがブチギレ


今回の映画は、テレビシリーズの映像を再利用しつつ、キャラクターの設定を微妙に変化させたパラレルワールドの物語。

テレビ映像の使いまわしばかりで、新規で書かれた映像は数分のみ。しかも世界観設定が変更されているため、テレビシリーズの一部の重要キャラクターがいなかったことになっている。以下はエウレカファンのコメントである。

・エウレカファンのコメント
「1800円払って、テレビシリーズで感動した思い出を壊されに行くようなものです。良かったのは、映画のために新しく映像が作られた最初の数分だけ。あとのほとんどはテレビ映像の使いまわし。しかも昔の映像だからSDサイズで迫力半減だし、そこに新しくねじり込んだエヴァやシンゴジラ風の文字。

しかもね、ただのテレビ映像の使いまわしじゃないですよ。同じシーンが何度も使いまわされるんですよ。さっき観た使いまわし映像が、また使いまわされる。もう十年前に飽きるほど観たシーンを2017年の新作映画で何度も使いまわされるんですよ。漫☆画太郎かよ! って思いましたが、画太郎先生はしっかりファンを楽しませてくれますからね。

今回のエウレカは手抜き以外の何物でもありません。苦痛の93分でした。放心状態で心を痛ませながら劇場を出るとき、ああ、これは監督にバカにされてるんだなって思いました。監督にオタクはチョロいと思われてる気がして、自尊心が深く傷つきました。手抜き映画に1800円も支払っちゃった俺。ハハ、確かにチョロいっすよね(笑)」

映画ジャーナリストの桃色のガンダルフ先生は以下のように語る。

・映画ジャーナリストの声
「クリエイターのセンスがなかったため、使いまわしも世界観変更も、オリジナルより劣化したものになってしまった。やるからには元祖を超えなくちゃあならない。新しい設定でやるならちゃんと説明するべきなのに編集が雑すぎて説明不足。

これでは、初見さんだけでなくファンもついていけません。この作品は3部作なので監督は全部見て評価してほしいと思っているかもしれませんが、観客はいま見た作品で評価しますからね。でも安心してください。カゲロウデイズの映画より数百倍マシですから」

人気テレビアニメシリーズの最新映画「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」が、あまりにも酷 …
0