【純愛】中学生と交際していた教師が無罪を勝ち取る、裁判長「2人は将来を見据えて真剣に交際していた」

 塾講師時代の教え子だった10代の女子生徒とキスをしたことなどを理由に、埼玉県宮代町立中学校の教員を懲戒免職となった男性(25)が、処分が重いとして県に取り消しを求めた訴訟の判決で、さいたま地裁は24日、男性の行為を「著しく悪質とは言えない」として、処分を違法と認定し取り消した。

 判決理由で針塚遵裁判長は「2人は将来を見据えて真剣に交際していた」と指摘。自宅に泊めるなどした男性の行為を「責任感に欠ける」とする一方で「キスや抱擁以上の性的行為に及んでおらず、わいせつ性の程度は低い」と述べた。

 判決によると、男性は2015年3月、当時15歳だった塾の教え子の女子生徒と交際を開始。埼玉県の教員として採用後の同年4~7月、女子生徒とキスや抱擁を複数回したほか、自宅アパートに泊めた。県教育委員会は同年12月、信用失墜行為に当たるとして懲戒免職とした。

 県教委の小松弥生教育長は「判決の内容を詳細に検討し対応する」とのコメントを出した。

 塾講師時代の教え子だった10代の女子生徒とキスをしたことなどを理由に、埼玉県宮代町立中学校の教員を懲戒免職となった男性(25)が、処分が重いとして県に取り消しを求めた訴訟の判決で、さいたま地裁は24日、男性の行為を「著しく悪質とは言えない」として、処分を違法と認定し取り消した。
0