【浮気ダメ絶対】妻の浮気を苦に家族全員(子供5人)を殺害し自宅に放火した夫を逮捕


逮捕された父親は、殺害を認める供述をしている。
カメラに向かって、思い思いのポーズを見せる、5人のきょうだい。
長女・小松夢妃(むうあ)ちゃん(11)と、長男・幸虎(たから)君(7)、次男・龍煌(りゅあ)ちゃん(5)、双子の頼瑠(らいる)ちゃん(3)、澪瑠(れいる)ちゃん(3)。
茨城・日立市の県営住宅で起きた火災の焼け跡から見つかり、死亡した6人は、警察の調べで、子ども5人と母親の恵さん(33)と確認された。
家族を殺して火をつけたと自首したのは、恵さんの夫で、自称会社員の小松博文容疑者(32)。
小松容疑者は、恵さんと子ども5人と暮らしていた。
近所の住民は「人柄はいい。子どもがいて、面倒を見て。よく公園で、野球をやった、サッカーをやっていたのは見ていました」と話した。
一方で、周囲からは、小松容疑者と妻との間に、交友関係をめぐるトラブルがあったとの証言が。
近所の住民は「浮気が原因で、こういうふうになったんじゃないかと(聞いた)」と話した。
容疑者の知人は「きのうの夜の話では、離婚すると決まって、自分が悪くないのに、(妻と再婚相手から)『車を持っていく』とか、そんなことも言われたらしい」と話した。
小松容疑者は、6人の殺害を認める供述をしているということで、警察は、動機を調べている。

0