20代が子育てしたいと思える年収…1人目600万円、2人目700万円


SMBCコンシューマーファイナンスが発表した「20代の金銭感覚についての意識調査2017」によると、ライフイベントで過半数が前向きになれる世帯年収は、「結婚」500万円、「1人目の子育て」600万円、「2人目の子育て」700万円であることが明らかになった。

 20代の金銭感覚についての意識調査2017は、20歳~29歳の男女を対象にインターネットリサーチを実施し、1,000名の有効サンプルを集計した。調査期間は2017年10月2日~10月5日の4日間。調査協力はネットエイジア。

 結婚したいと思える世帯年収は、「300万円」までの累計が26.9%、「400万円」までが39.8%、「500万円」までが58.3%。

 出産・子育てをしたいと思える世帯年収について、1人目は「400万円」までの累計が30.2%、「500万円」までが47.9%、「600万円」までが57.9%、「700万円」までが64.5%。2人目は「400万円」までが17.5%、「500万円」までが29.6%、「600万円」までが42.6%、「700万円」までが51.4%。過半数の人が1人目は年収600万円、2人目は年収700万円あれば子育てしたいと思えるようだ。

 年収400万円で結婚や子育てをしたいと思える割合は、過去3回の調査結果と比較すると、結婚では、前年から9.0ポイント減少(2016年48.8%→2017年39.8%)、3年前からは13.8ポイント減少(2014年53.6%→2017年39.8%)していた。

 また、出産・子育て(1人)では、前年から7.6ポイント減少(2016年37.8%→2017年30.2%)、3年前からは10.7ポイント減少(2014年40.9%→2017年30.2%)しており、結婚と子育てのどちらも下落傾向がみられた。SMBCコンシューマーファイナンスは、「夫婦共働きの実現が難しい状況は改善される見込みが持てず、結婚後の生活に金銭不安がつきまとう状況が続いているためか、結婚や子育てに対する金銭的・心理的なハードルが徐々に押し上げられてしまっているのではないか」と分析している。

 SMBCコンシューマーファイナンスが発表した「20代の金銭感覚についての意識調査2017」によると、ライフイベントで過半数が前向きになれる世帯年収は、「結婚」500万円、「1人目の子育て」600万円、「2人目の子育て」700万円であることが明らかになった。
0