「管理職になりたくない」という若手、中堅社員が急増中・・・⇒「ストレスが増えるから」「責任が増えるから」


「管理職になりたくない」という若手、中堅社員がここ数年で急速に増えています。

「管理職になりたい」および「どちらかといえばなりたい」と回答した肯定派の割合が減少し、2010年の新人では55.8%だったのが、2016年の新人では31.9%となっています。

この2016年の新人は、「管理職になりたくない」「どちらかといえばなりたくない」という否定派の割合が37.9%となり、管理職になりたい人たちを上回る結果となっています。

新人だけでなく、3年目の若手、7年目の中堅でも、管理職になりたくないという否定派が、肯定派を上回る結果になっています。

管理職になりたくない理由を若手・中堅世代に聞くと、「ストレスが増えるから」「責任が増えるから」「管理職に向いていないから」「ワーク・ライフ・バランスが大事なので」など、自分が大変になるからという回答が真っ先に返ってきます。

「管理職になりたくない」という若手、中堅社員がここ数年で急速に増えています。 リ - Yahoo!ニュース(東洋経済オンライン)
0