サイゼ「食べ残し」YouTuberがまた「炎上」 謝罪翌日のネタ動画に「全く反省してない」


イタリア料理チェーン「サイゼリヤ」で注文した料理を大量に食べ残したとして、インターネット上で批判を集めたYouTuberグループが、今回の騒動についての「謝罪動画」を公開した。

しかし、彼らが謝罪翌日に投稿した1本の動画が、またしてもネット上で批判を集めることになった。タイトルは「もう耐えきれません 解散します」。その内容を見たユーザーから、「ふざけすぎ」「全く反省していない」との指摘が相次いで寄せられているのだ。

撮影内容は「サイゼリヤで全品頼んでみた」

今回の騒動は、東京都内のサイゼリヤ店舗を訪れたグルメブロガーの女性が、居合わせたYouTuberグループの行動を「告発」したことが発端だ。この女性は、2017年11月22日未明のツイートで、

「サイゼで飲んでたらYoutuberがいて、広いソファ席を陣取って動画の撮影してた。寝たり騒いだりしていて、まぁ迷惑で。店員さんも困惑。先に帰っていった彼らのテーブルを見たら、この有り様。ほとんど食べてない、この残骸」

と報告。あわせて、大量の食べ残し料理が置かれたテーブルの写真を掲載していた。

この女性に名指しで批判されたグループは、8月から動画の投稿活動をしている「チョコレートスニッカーズ」(騒動後にグループ名を変更、11月27日現在は「チョコレートスニーカーズ」として活動)という3人組だ。

このグループは、報告ツイートを受けてツイッター上で「当方の撮影により大変不快な思いをさせてしまいましたことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪。ただ、動画の撮影や注文内容については、事前に店側の許可を得ていたなどとも釈明した。

その後、グループは11月24日夜にYouTubeに「謝罪動画」を投稿。問題視された撮影企画の内容は「サイゼリヤで全品頼んでみた」だったと明かすとともに、動画ではメンバーの3人が、

「このたびは、動画投稿者の身として、食べ物を残してしまい、本当に申し訳ありませんでした」

と深々と頭を下げて謝罪した。

ただ、謝罪パートが終わった後の動画には、サイゼリヤ店内で撮影した本来の企画内容が収録されていた。このYouTube動画の「評価欄」をみると、高評価は約1430件、低評価が約4万件となっている(27日12時30分時点)。

イタリア料理チェーン「サイゼリヤ」で注文した料理を大量に食べ残したとして、インターネット上で批判を集めたYouTuberグループが、今回の騒動についての「謝罪動画」を公開した。しかし、彼らが謝罪翌日に投稿した1本の動画が、またしてもネット上で批判を集めることになった。タイトルは「もう耐えきれません解散します」。
0