「意識高い系」が嫌われる理由&特徴はコレだ! あてはまるやった奴wwwwww


■「意識高い系」とは?
「意識高い系」という言葉はネットスラングで、「意識が高い人」という意味ではなく、ちょっと揶揄されたような”意識が高いつもり”という意味で使われます。姿勢や言葉が先行してほんとうの中身が伴っていなくて、空回りして滑稽でもあるわけです。

■なぜちょっとウザい?
・やたら横文字・英語を使いたがる…「このスキーム、グローバルな視点で視たら?」
・やたら略語を使いたがる…「ASAPでリスケします!」
・やたら人脈を自慢する…「交流会で知り合った…がさー。」
・やたら知ったかぶりをする…「〇〇の法則によるとさー。」
・やたらSNSに夢に向かってるアピールする…「もっと前向きに挑戦していくっ…!」
・やたら当て字言葉が好き…「今日も顔晴って、志事します!」
・やたらポジティブ言葉を使う…「トラブルがあった俺はツイテルツイテル!」
・やたらと勉強会開いたり、朝活開いたり、読んだ本の冊数を自慢する
・やたら起業する夢を語る、SNSのプロフィールを盛る

「にわかな知識で本当の自分以上に見せようと格好つけてるところ」が、周囲から見てウザいと感じさせる

「意識高い系」ってなに? 学校で習うのは、受験でいい点数を採るための勉強、そして成績で良い評価を得るための勉強ですね。生き方や仕事の仕方などは、ほとんど習うことがありません。 ところが大学生や社会人になると、自己啓発の本に出合った…
0