流行語大賞候補に「ちーがーうーだーろー!」 →なぜ「このハゲーッ!」じゃないの?理由が判明


年末恒例「現代用語の基礎知識選 2017ユーキャン新語・流行語大賞」の候補30語が発表された。

その1つに、豊田真由子元衆院議員(43)が当時の秘書に発した「ちーがーうーだーろー!」が選ばれた。インターネット上の意見を見ると、豊田元議員なら「このハゲーッ!」のほうが選ばれると予想していた人が多かったようだ。選定の理由について、同賞の事務局に聞いた。

「テレビでは確かに、この言葉(『このハゲーッ!』)がさかんに流され、多くの人が知っていると思います。ただ、だからといって『流行語』として選ぶことが正しいかといえば、それは全く別の話です」

事務局の担当者は、そう話す。「性別や年齢に関係なく、人の外見をあのように揶揄する言葉は公共の場で使われるべきではないと思います。あの音声データを、連日にわたりテレビが放送したこと自体、『違うだろ』なのではないでしょうか」とも。

年末恒例「現代用語の基礎知識選2017ユーキャン新語・流行語大賞」の候補30語が発表された。その1つに、豊田真由子元衆院議員(43)が当時の秘書に発した「ちーがーうーだーろー!」が選ばれた。インタ
0