部屋さがし何度も断られ「死のうかな…」つらすぎる高齢者の引っ越し事情



高齢者が転居する理由を調べたところ、「家賃」や「立ち退き」という声が多かった。
しかし「高齢」を理由に入居を断られるケースが今、問題になっている。
そこで国土交通省では先月「高齢や低収入を理由に入居を断らない」と登録した住宅に補助金を出す新制度を開始した。

国や自治体が対策に乗り出す、高齢者の引っ越し事情はどんなものなのか?
立ち退きを迫られた山下さんが探しているのは、現在と同等の家賃4万円台の部屋。
実は山下さんの収入は生活保護が頼りで、家賃を支払うと3万円ほどしか残らず、暮らしはギリギリ。
しかし、とくダネ!の荘口彰久リポーターが話を伺うと、部屋が借りられない原因は家賃とは別にあるという。

私、身寄りがないから…。

山下さんは、かつて事業に失敗したことから離婚して、現在 保証人になってくれる人がいない。別れ別れになった子供たちに保証人になってくれと頼めないかと考え、ずっと探しているが見つからないという。

【のぞき見!リアル とくキュウ】“困難”昭和世代の部屋さがし
0