男性の育休取得率「0%」の企業が9割近く 女性の「ワンオペ育児」解決に課題


厚生労働省は11月7日、育児と仕事の両立をテーマに、企業と従業員に実施した調査結果(速報)を発表した。

調査は、企業と労働者の双方を対象に2017年9月~10月に行なった。従業員数51人以上の企業635社と、20~40代の末子が満1歳以上満3歳未満の働く人3094人から回答を得た。

今年の流行語大賞には「ワンオペ育児」がノミネートされた。保育園問題も深刻で仕事と育児の両立は容易ではない。

・育児休業の利用実績を聞くと、「女性のみの利用者がいる」の回答が55.4%で一番多く、「男性・女性両方で利用者がいる」は8.4%にとどまる。男性の育児休業取得率の平均値は正社員4.2%で、「取得0%」という企業は87.6%に上る。対して女性の育休取得率は95.2%で男性を圧倒している。

・男性の両立支援の推進の障壁には、「職種・仕事内容・部署によって仕事と育児との両立のしやすさが異なる」が42.4%で最も多く、「職場の理解・賛同・協力を得ることが難しい」(31.9%)が続いた。

厚生労働省は11月7日、育児と仕事の両立をテーマに、企業と従業員に実施した調査結果(速報)を発表した。 調査は、企業と労働者の双方を対象に2017年9月~10月に行なった。従業員数51人以上の企業635社と、20~40代の末子が満1歳以上満3歳未満の働く人3094人から回答を得た。 今年の流行語大賞には「ワンオペ育
0