レオパレス21 スマートスピーカー搭載端末を新築全戸に


 不動産大手のレオパレス21はこのほど、AI(人工知能)スピーカーを搭載したスマートステーション端末を、2018年1月からの新築全戸に標準装備すると発表した。年間約1万戸への導入を予定しており、賃貸物件のIoT(モノのインターネット)化を実現するスマートステーション端末として、国内最大規模の設置数となる見込み。

採用する端末は、グラモ(東京都豊島区)が開発中のAIスピーカー機能に加え、照明やテレビ、エアコンなど家電を操作したり、スマートフォンで鍵の開閉をするシステム「Leo Lock」と連携したりする。ほかに、音声で話しかけると、会話形式でゴミ捨て曜日の案内などを知らせるなど、入居者への情報提供サービスも予定している。【村田由紀子】

 不動産大手のレオパレス21はこのほど、AI(人工知能)スピーカーを搭載したスマートステーション端末を、2018年1月からの新築全戸に標準装備すると発表した。年間約1万戸への導入を予定しており、賃貸物件のIoT(モノのインターネット)化を実現するスマートステーション端末として、国内最大規模の設置数となる見込み。
0